CLIP STUDIO PAINT PRO発売

2012.06.01, らくがき, by .

31日についに発売されましたね!
前々からかなり興味があったんですが、5000円だし買おうと思います。
で、買う前に体験版があるんだし試してみよー…ということで描いた絵が上の妖夢です。
らくがきなんですが二時間もかかりました。
多分SAIだったら1時間ちょいくらいかなあ。
というか最近同じ構図でしか描いてなくてだめだこりゃ\(^o^)/

以下、SAIとの比較とクリップスタジオを使ってみた感想です。


・ペンの設定がよくわからない
いじることが出来る部分が多すぎて何がなんだか\(^o^)/
調整次第ではきっとSAIの書き味に近づけることも可能なんじゃないかなと思います。

・手振れ補正の感じがなんとも言えない
今まで数年SAIで描いてきたので、SAI独特のヌルッとした書き味にすっかり慣れており
そのつもりで描いたらアレッ!?ってなりますね。
個人的にSAIは割とシャッシャと勢いで描く感じだったんですが、
クリップスタジオは丁寧になぞる感じだとうまくいきました。ただ線の勢いが死ぬ。要練習だなあ…

・SAIで言うえんぴつツールの濃度MAXのものが見つけにくかった
最初普通にえんぴつで塗りきれていない部分を塗っていたんですが、微妙に薄いんですよね。
なんかおかしいなーって思っていたらペンツールというものがありました。これで塗りつぶすといいみたいです。
二値ペンなんかもここに。

・筆圧のこと
フォトショで塗っているみたいな感じがしました。
上述の手振れ補正のことともかぶりますが、SAIってヌルッとした書き味で先端とかすごーく細く描けるんですよね。
なので、隙間埋めとかやや大き目のサイズで筆圧で調整…って感じでやっていたのですが
クリップスタジオだと、けっこうガッツリ目に筆圧かけないと目に見えて反映されないなーと思いました。
多分これはどこか設定があるのだと思います。

・色調補正・トーンカーブなど
色調補正のスライダーを動かすときちょっと重いです。
サーッと動かしてグラデーションのようになめらかに色が移り変わる…ということはないです。
わたしの環境だとカクカクしました。
トーンカーブはいじるたびにキャンバス上でもプレビューして欲しかった。
ポインタからペンを浮かせて確定させたら反映されるんですが、
フォトショのようにドラッグして試行錯誤しつつプレビューできたらなって…
色の仕上がりに関しては、普段フォトショで加工しているときと遜色なくできたと思います。

・重さ
わたしの環境だとSAIやフォトショのほうが圧倒的に軽いです。
きっと軽いんだろうなあ…ウフフって思っていただけにちょっと悲しいです。

結論としては、やっぱりわたしにはSAIとフォトショが合っているかなあ…
あれっ。買う意味なくね!!?でも買います。
きっと買って自分で試行錯誤したら、もっとよくなると思うんです!
今回は試していませんが、パターンのブラシやトーンなど魅力的な機能もたくさん!
使いこなせるかは別として、徐々に覚えていきたいです。
まだ買ってないけど。
おわり

Comments are closed.